株価操縦、運用会社に課徴金1億円…監視委勧告

読売新聞 / 2018年1月16日 22時46分

証券取引等監視委員会は16日、ファンド運用会社「アセットデザイン」(東京)の担当者が株価を不正に変動させたとして、金融商品取引法違反(相場操縦)で同社に1億341万円の課徴金を科すよう金融庁に勧告した。 発表によると、同社の担当者は昨年2月16日、東証マザーズに上場していた旅行事業会社「エボラブルアジア」(現・東証一部上場)の株取引で、株式市場が閉まる直前に同社株7万2000株を空売りし、株価の上昇を不正に抑えたとしている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング