大阪大学長ら報酬返納、追加合格者らへの補償に

読売新聞 / 2018年1月17日 9時45分

大阪大が2017年2月の入試で本来は合格していたはずの30人を不合格にした問題で、阪大は16日、西尾章治郎学長ら役員から自主返納される報酬約114万円を追加合格者らへの補償などに充てる方針を固めた。 西尾学長は追加合格者らに謝罪するため、自宅への訪問などを進めている。 阪大は、追加合格者らに対して、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング