イチロー、古巣オリックス最有力!代理人日本球界復帰の可能性示唆

スポーツ報知 / 2018年1月18日 5時0分

マーリンズからFAになったイチロー外野手(44)が、18年ぶりに日本球界でプレーする可能性が高まってきた。代理人を務めるジョン・ボッグス氏が16日(日本時間17日)、MLB公式サイトの取材に、メジャーからオファーがなければ日本でキャリアを終えることを示唆した。44歳に対し、メジャー各球団の反応が薄いのが現状だ。古巣・オリックスはこれまでもラブコールを送ってきたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング