3人転落死、無罪主張へ

時事通信 / 2018年1月21日 14時51分

老人ホーム転落死事件で殺人罪に問われている今井隼人被告。23日に初公判が開かれる。同被告の関与を裏付ける直接証拠は乏しく、弁護側は無罪を主張するとみられる。検察側は状況証拠を積み上げて立証する方針だ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング