大林組社長「恥ずかしい限り」 2代連続「引責」辞任、リニア談合で

J-CASTニュース / 2018年1月24日 14時20分

大手ゼネコンの大林組は2018年1月23日、白石達社長が3月1日付で辞任し、後任に蓮輪賢治取締役専務執行役員が昇格する人事を発表した。同社はリニア中央新幹線の工事入札をめぐる談合事件で捜査の対象となっており、その責任を取る形とみられる。 同社は2007年にも、大阪府枚方市の清掃工場建設をめぐる談合事件で脇村典夫社長が辞任しており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング