斎藤慧、ドーピングで暫定資格停止…使用否定も利尿剤陽性

スポーツ報知 / 2018年2月14日 8時0分

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は13日、スピードスケート・ショートトラック男子の斎藤慧(21)=神奈川大=が競技会以外のドーピング検査で、利尿作用のある禁止物質「アセタゾラミド」に陽性反応を示し、暫定で資格停止にしたと発表した。今大会初の処分。日本選手団は平昌で会見を開き、本人は「身に覚えがない」と潔白を主張したが反証の材料がなく、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング