タンクローリー2台に挟まれ軽が大破、2人死亡

読売新聞 / 2018年2月14日 10時22分

13日午前10時35分頃、北海道当別町ビトエの国道337号で、タンクローリーの後ろで信号待ちをしていた軽乗用車に別のタンクローリーが追突した。 軽乗用車は2台に挟まれて大破し、運転していた解体業長谷正さん(72)(江別市中島)と、同乗の解体工西路あや子さん(69)(同)が全身を強く打って死亡した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング