米ゼロックスの買収を発表 富士フイルムHDの勝算

J-CASTニュース / 2018年2月14日 7時0分

富士フイルムホールディングス(HD)が、長年の協業相手である米事務機大手のゼロックスを買収する。2018年1月31日、発表した。今秋にも、世界最大手の事務機メーカーが誕生する。だが先進国ではペーパーレス化が進んでおり、市場環境は厳しい。写真フィルム市場縮小を乗り切ったことで知られる古森重隆・会長兼最高経営責任者(CEO)の経営手腕が問われそうだ。両社の協業は1962年にさかのぼる。富士写真フイルムと英ランク・ゼロックスが折半出資して富士ゼロックスを設立。その後ゼロックスが英社を完全子会社化し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング