全国平均62歳! 社長の高齢化が止まらない 「老害」で業績悪化も?

J-CAST会社ウォッチ / 2018年2月14日 19時10分

日本の社長の高齢化が止まらない。東京商工リサーチが2018年2月13日に発表した調査によると、2017年の全国社長の平均年齢は前年より0.26歳延びて61.5歳となり、調査を開始した2009年以降で最高年齢の記録を更新した。 団塊世代(1947~1949年生まれ、約68~71歳)の社長交代が進まないことが主な理由という。また、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング