【楽天】梨田監督、守備と走塁の相次ぐミスに怒り心頭

スポーツ報知 / 2018年3月13日 19時31分

◆オープン戦DeNA7-1楽天(13日・静岡)守備、走塁でミスが続いての大敗に楽天・梨田昌孝監督(64)も怒り心頭だった。象徴的だったシーンは8回1死一塁で迎えた楠本の打席。ライトへのヒットに対し、一塁走者の宮本が三塁を狙ったのを見て、右翼手・田中が三塁に送球するもファウルゾーンへそれて失策が記録された。さらにバックアップに入ってボールを捕った投手・福山がホームを狙った宮本を刺そうと送球したが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング