貴景勝が休場…貴乃花親方「元々の症状悪化」

読売新聞 / 2018年3月21日 19時19分

 西前頭3枚目の貴景勝(貴乃花部屋)が11日目から休場。  右足部挫傷で約6週間の安静が必要と診断された。2014年秋場所の初土俵以来、初めての休場。師匠の貴乃花親方(元横綱)は「土踏まずが腫れていて踏ん張りが効かない。元々の症状が悪化した」と説明した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング