支持率「最低」でも、選挙なら「微減」か 飯島勲氏「解散論」の真実味

J-CASTニュース / 2018年4月16日 20時28分

森友、加計、防衛省日報問題などで安倍内閣の支持率が低迷する中、永田町でしきりに解散がささやかれ出した。その中でも強く解散論を主張するのが、小泉内閣で秘書官を経験し、安倍政権では内閣官房参与を務める飯島勲氏だ。飯島氏は、1966年に当時の佐藤栄作首相が打って出た「黒い霧解散」で求心力を取り戻したことを引き合いに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング