バンコク発羽田行きのタイ国際航空660便(ボーイング747―400型機)が11日深夜、羽田空港の着陸直前に地面への異常接近などを知らせる警報装置が作動し、着陸をやり直していたことがわかった。 乗員乗客計384人にけがなどはなかったが、国土交通省は17日、事故につながりかねない重大インシデントに認定。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング