小松アナ「テレ朝の信頼は地に落ちた」 覚悟の「独白」...一方、報ステは「ギリギリセーフ」連呼

J-CASTニュース / 2018年4月20日 15時29分

「はっきり言って、テレビ朝日の報道の信頼は地に落ちたと言っても過言ではない」こんな力強い言葉で自社に「モノ申した」のは、テレビ朝日の小松靖アナ(43)だ。財務省の福田淳一事務次官からセクハラ被害を受けていた女性記者への対応について「この記者を守り切れなかった」などと語り、反響を呼んでいる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング