妻に保険金5000万円、請求はせず…水難偽装

読売新聞 / 2018年4月21日 15時11分

和歌山県白浜町の海岸で、水難事故を装って妻を殺害したとして夫が逮捕された事件で、夫の野田孝史被告(29)(窃盗罪などで公判中)が妻にかけた生命保険は、2社で計約5000万円にのぼることが、県警への取材でわかった。 野田被告は事件後、いずれも請求しておらず、県警が経緯を調べている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング