衣笠祥雄氏が死去 71歳 「鉄人」2215試合連続出場

スポーツ報知 / 2018年4月24日 13時2分

プロ野球広島の中軸打者として活躍し、2215試合連続出場で「鉄人」と呼ばれた衣笠祥雄氏が死去したことが24日、分かった。71歳だった。衣笠さんは1947年1月18日、京都市生まれ。平安高で「4番・捕手」として64年に甲子園春夏連続出場を果たし、65年広島入団。内野手に転向し、68年からレギュラー。70年10月19日から87年の引退まで2215試合連続出場、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング