写真

散策路の竹に彫られた落書き(17日、京都市右京区で)=長沖真未撮影

京都市は17日、嵐山の観光名所「竹林の 小径 ( こみち ) 」近くの散策路で、100本以上の竹に落書きが見つかったと発表した。 ほとんどは英語や中国語、韓国語などの外国語で、日付や名前などが刃物のようなもので彫られており、「ここまで来た」という意味の中国語もあった。市は外国人観光客らが落書きしたとみて注意を呼びかける。 散策路は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング