日大悪質タックル問題で成蹊大戦も中止、計5試合

スポーツ報知 / 2018年5月17日 17時7分

日大アメフットボール部の悪質タックル問題を受け、関東学生連盟は17日、6月16日にアミノバイタルフィールド(東京・調布)で行う予定だった日大と成蹊大を中止すると発表した。同連盟はこの日、27日に開催予定だった日大と明大の中止も発表。騒動となって以降、法大、東大、立大に続き、計5試合が中止となった。波紋はさらに拡大する可能性がある。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング