【経過】日大アメフト選手が会見に至った経緯…関学戦以降の経過を配布

スポーツ報知 / 2018年5月22日 15時25分

6日のアメリカンフットボール定期戦での悪質なタックルで関学大の選手を負傷させた日大の宮川泰介選手(20)が22日、東京都内の日本記者クラブで会見を開いた。日大が経緯説明やチーム見解を関学大に提出する期限とされる24日を待たずに異例の会見となった。宮川選手の代理人弁護士が会場で報道陣に配布した試合以降の経過は次の通り。【5月6日以降の経過】▽5月8日本人がグランドに行き、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング