当てた3億馬券申告せず脱税、市職員を懲戒免職

読売新聞 / 2018年5月23日 9時5分

大阪府寝屋川市は22日、インターネットで購入した馬券で当てた約3億円を申告せず、約6200万円を脱税したとして所得税法違反で有罪判決を受けた同市職員の被告(48)を懲戒免職処分とした。 同被告は元税務室課長。起訴休職中の今月9日、大阪地裁で懲役6月、執行猶予2年、罰金1200万円を言い渡され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング