写真

実質賃金が減少、物価上昇が重荷に……

2017年の毎月勤労統計調査(確報値、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた実質賃金は、前年から0.2%減った。厚生労働省が2018年5月23日、発表した。2年ぶりに前年度を下回った。 従業員1人あたりの現金給与総額(名目賃金)の平均は0.7%増の31万7844円で、4年連続の増加。 消費者物価の伸びが実質賃金を押し下げ 現金給与総額(名目賃金)の内訳をみると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング