栃ノ心、大関に昇進しても「やることは変わらない」…“最後の”三賞受賞インタビュー 

スポーツ報知 / 2018年5月27日 18時48分

◆大相撲夏場所千秋楽(27日、東京・両国国技館)トップを走る横綱・鶴竜を1差で追っていた東関脇・栃ノ心(30)=春日野=が、西前頭5枚目・勢(31)=伊勢ノ海=を寄り切りで下し13勝2敗としたが、直後の結びの一番で鶴竜が白鵬に勝利し14勝1敗としたため、2度目の賜杯はなくなった。惜しくも優勝を逃した栃ノ心だったが、敢闘賞と技能賞をダブル受賞し、晴れ晴れとした表情で三賞受賞インタビューを受けた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング