「命に値段つけるのか」指摘、薬の調査取りやめ

読売新聞 / 2018年6月13日 18時48分

厚生労働省は、薬の値段が効果に見合っているかどうかの基準づくりのために計画していた市民意識調査の取りやめを決めた。厚労相の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)の部会に13日提案し、了承された。 調査は、1年間延命できる薬に公的医療保険からいくらまで支払っていいかを尋ねるものだったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング