トヨタ自動車は14日、現在約60人いる相談役や顧問などを7月に9人に減らすことを明らかにした。役員退任者が自動的に役職に就いていた慣例を改め、経営の透明性を高める。経団連会長を務めた奥田 碩 ( ひろし ) 相談役や前社長の渡辺 捷昭 ( かつあき ) 顧問らは退任する。 創業家の豊田章一郎氏は名誉会長を引き続き務める。社長や会長を歴任した張富士夫氏ら2人が相談役を務め、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング