モンゴルで北と接触、拉致被害者の即時帰国要求

読売新聞 / 2018年6月14日 21時13分

【ウランバートル=酒井圭吾】外務省の志水史雄アジア大洋州局参事官は14日、国際会議への出席のため訪問中のウランバートルで、北朝鮮外務省のキム・ヨングク軍縮平和研究所所長と短時間意見交換した。志水氏は北朝鮮による日本人拉致問題についての日本政府の立場を伝え、拉致被害者の一日も早い帰国を要求した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング