米、国連人権理事会から離脱表明…決議に影響も

読売新聞 / 2018年6月20日 15時48分

【ワシントン=黒見周平、ジュネーブ=笹沢教一】米政府は19日、国連人権理事会から離脱すると表明した。人権理事会は日本が北朝鮮の拉致問題などを追及する場としても機能してきており、「米国の離脱で人権決議などに影響が出かねない」(日本外交筋)と懸念の声が上がっている。 離脱の方針は、ポンペオ米国務長官とヘイリー米国連大使がワシントンで発表した。ポンペオ氏は人権理事会について「忌まわしい人権状況の独裁的な政権がメンバーになっている」と批判し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング