計量直前、ボクサー倒れ緊急入院…減量影響か

読売新聞 / 2018年6月22日 7時49分

ボクシングの日本バンタム級王座決定戦(22日・後楽園ホール)に出場予定だった同級2位の村中 優 ( すぐる ) (フラッシュ赤羽)が21日、前日計量を行えず、失格となった。所属ジムなどによると、計量2時間ほど前に倒れて緊急入院した。2日前から熱中症のような症状があったという。ジムの川島勝会長は「減量の影響もあるのではないか。皆様に迷惑を掛けて申し訳ない」と話した。王座は空位のまま。 今年に入り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング