弟「自殺」のトイレ、姉が塗装…証拠隠滅図る?

読売新聞 / 2018年6月23日 16時59分

堺市の住宅で3月、練炭自殺を装って弟を殺害したとして姉が逮捕された事件で、姉の足立 朱美 ( あけみ ) 容疑者(44)が事件後、弟が練炭のそばで倒れていた現場のトイレの一部を塗装していたことが、捜査関係者への取材でわかった。 足立容疑者は3月27日、堺市中区の実家2階のトイレに、睡眠薬を飲ませた弟の建築会社社長 聖光 ( まさみつ ) さん(40)を運び、練炭を燃やして殺害したとして、殺人容疑で逮捕された。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング