【西武】源田、新人から221試合フルイニング出場でミスター超え

スポーツ報知 / 2018年7月11日 22時26分

◆西武8―4ロッテ(11日・メットライフドーム)西武の源田壮亮内野手(25)が、新人から221試合連続フルイニング出場を達成し、1958~59年に巨人・長嶋茂雄(現終身名誉監督)がマークした記録を超えた。この日も「2番・遊撃」でフル出場すると、プロ初の5安打をマークする活躍で勝利に貢献した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング