数メートルの巨岩、被害拡大…山から住宅地へ

読売新聞 / 2018年7月12日 15時16分

西日本の記録的豪雨による土砂崩れのうち、広島県内では山から直径数メートルの花こう岩が転がり落ち、住宅地の被害を拡大させた可能性があることが、産業技術総合研究所の分析で判明した。岩は「コアストーン」と呼ばれ、過去に他の地域で起きた土石流災害でも確認されている。専門家は、山間地の表土が降雨で崩れる「表層崩壊」が引き金となり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング