異例の3横綱全員不在、若貴・曙以来19年ぶり

読売新聞 / 2018年7月13日 11時41分

大相撲の横綱鶴竜関(32)が名古屋場所6日目の13日朝、日本相撲協会に休場を届け出た。前日まで平幕に2連敗し、3勝2敗と精彩を欠いていた。今場所は初日から稀勢の里関、4日目からは白鵬関が休場しており、これで3横綱全員が休場となる異例の事態となった。 横綱不在は、2006年夏場所に当時一人横綱の朝青龍が途中休場して以来、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング