全国観測地点2割超で猛暑日、3人死亡6人重体

読売新聞 / 2018年7月15日 20時28分

日本列島は15日も広い範囲で高気圧に覆われ、岐阜県揖斐川町と京都府福知山市で今年に入って全国最高の38・8度を観測するなど、各地で猛烈な暑さとなった。熱中症(疑い含む)で救急搬送される人も相次ぎ、読売新聞の集計では、15日夕時点で3人が死亡、6人が意識不明の重体となっている。 気象庁によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング