40度酷暑で働く多治見市の「うながっぱ」 熱中症の危険ないか?役所に聞いた

J-CASTニュース / 2018年7月19日 19時29分

岐阜県多治見市のマスコットキャラクター「うながっぱ」が、熱中症の啓発のために街頭に出る姿がテレビ映像などに流れ、この猛暑の中だけに心配する声が相次いでいる。「うながっぱ」は、2007年8月16日に多治見市内で当時の国内最高気温40.9度を記録したのをきっかけに誕生した。 道行く人々にしっかり水分を摂るよう呼びかけたが... 地元の言い伝えに登場する「かっぱ」と名物の「うなぎ」をモチーフにしたデザインで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング