抗がん剤39日間連続投与、副作用の影響で死亡

読売新聞 / 2018年8月10日 14時21分

国立病院機構関門医療センター(山口県下関市)は10日、70歳代の男性患者に対して抗がん剤を過剰に投与する医療ミスがあり、男性が副作用の影響で死亡したと発表した。 同センターによると、男性は2月中旬、土手から転落して足を骨折するなどして入院。男性は他の病院で脳腫瘍の治療を受け、抗がん剤を服用しており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング