【阪神】代打・大山がV打 金本監督、原口温存「まさか」の起用的中で広島に勝ち越し

スポーツ報知 / 2018年8月17日 8時0分

◆阪神3―2広島(16日・京セラドーム大阪)神様温存の「まさか」のタクトが当たった。同点の8回無死満塁、大山が代打で登場すると、フランスアから決勝の中前適時打を放った。今季の代打打率5割1分4厘(35打数18安打)を誇る原口がベンチでスタンバイする中、この試合まで代打打率9分1厘(11打数1安打)と1割を切っていたプロ2年目が大仕事を果たした。「迷ったよね。定石では原口でしょうけど」と金本監督がホッとした表情を浮かべた。大山を選択した理由について、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング