インフレ加速のベネズエラ、通貨10万分の1に

読売新聞 / 2018年8月19日 9時9分

【ワシントン=山本貴徳】経済危機が続く南米ベネズエラは、通貨の単位を10万分の1に切り下げるデノミネーション(デノミ)を20日に実施する。急激な物価上昇(ハイパーインフレ)を抑えて経済の混乱を食い止め、通貨の信用回復を図る狙いがあるものの、効果は疑問視されている。 ベネズエラ中央銀行によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング