スズキ、マツダ、ヤマハ発動機の燃費不正 3社三様の「原因」分析

J-CASTニュース / 2018年8月19日 9時0分

スズキ、マツダ、ヤマハ発動機の3社の検査で不正が発覚した。工場で出荷前の車や二輪車の排ガスと燃費を測定する抜き取り検査の条件がいい加減だったのだ。2018年8月9日、発表した。SUBARU(スバル)と日産自動車でも排ガス・燃費の測定データ改ざんが発覚しており、国土交通省が指示した社内調査で不正がわかった。 自動車メーカーは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング