松坂大輔はなぜ甲子園で強いのか 「20年前の投げやすさはなかった」と語った裏の決意

J-CASTニュース / 2018年9月14日 15時47分

中日の松坂大輔投手が13日、甲子園球場で行われた阪神戦に先発し、今季6勝目をマークした。38歳の誕生日となったこの日は、5回を投げ95球5安打1失点。公式戦の甲子園のマウンドは、2006年6月9日以来12年3カ月ぶりで、日米通算170勝目となった。20年前の1998年9月13日。この日も松坂は甲子園のマウンド上にいた。AAA野球選手権の決勝戦。台湾を迎えての一戦で松坂は完投で勝利し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング