「追い払うため」サルの頭に矢、男を書類送検

読売新聞 / 2018年9月19日 7時12分

滋賀県彦根市で6月、頭に矢がささった野生のサルが見つかった事件で、県警彦根署が、クロスボウ(洋弓銃)でサルを撃ったとして、彦根市内に住む無職の男(68)を鳥獣保護法違反容疑で彦根区検に書類送検していたことがわかった。男は「昔からサルに庭を荒らされ、追い払うためだった」と容疑を認めている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング