アジア大会レスリング女子「金」、薬物で失格

読売新聞 / 2018年9月19日 17時45分

8~9月にインドネシアで行われたアジア競技大会のレスリング女子62キロ級で優勝したプレブドルジ(モンゴル)が、ドーピング違反で失格となっていたことが分かった。アジア・オリンピック評議会(OCA)が公式サイトで発表した。 発表は9月3日付。同選手は8月20日の試合当日に行われた尿検査で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング