その62 JRの「意味不明」なサービス名称 「こんなものいらない!?」(岩城元)

J-CAST会社ウォッチ / 2018年9月20日 16時45分

前回のその61で、公共施設に目立つ「外来語風」「和製英語風」の名前をやり玉に挙げさせてもらったが、JRの用語にもその種のものが多い。ついては、矛先をJRに変えての続編である。まずは「グリーン車」だけど、1969年に「一等車」に代わる名前として登場した。その由来については、一等車の車体側面に淡い緑色の帯があったからだとか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング