歴代最重量力士の大露羅が引退 北の湖前理事長の忘れ形見が土俵を去る

スポーツ報知 / 2018年9月21日 12時38分

◆大相撲秋場所13日目(21日・両国国技館)体重292・6キロの歴代最重量力士が土俵に別れを告げる―。大相撲の西序二段12枚目で、ロシア出身の大露羅(35)=山響=が秋場所限りで引退することが21日、分かった。近日中に引退届けを日本相撲協会に提出。今後は母国ロシアに戻り、スポーツイベント関連の仕事に従事する意向だという。最後の土俵となったこの日は東三段目87枚目・樹龍(宮城野)を寄り切って今場所初勝利。1勝6敗で最後の場所を終えて19年間の力士人生に別れを告げた。8月27日の力士健康診断で292・6キロを記録。1年前に自身が元大関・小錦(現タレント)の285キロを上回る288キロで歴代最重量力…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング