白鵬が自分よりも復活を果たしたライバル稀勢の里を絶賛 千秋楽一夜明け

スポーツ報知 / 2018年9月24日 10時50分

大相撲秋場所で14度目の全勝優勝を果たした横綱・白鵬(33)=宮城野=が24日、都内で一夜明け会見を行った。前人未到の幕内1000勝、横綱800勝を41度目の優勝で飾り前夜はお祝いムードかと思いきや、「少々お酒を飲みましたが、全然酔わなかった。本当に気持ち良く眠れたし、終わったという感じでホッとしています」と安堵(あんど)感がいっぱいだと明かした。秋場所はライバルの横綱・稀勢の里(田子ノ浦)が9場所ぶりに15日間を皆勤。「最初は正直どうなるかと思ったが本当に見事に2ケタ勝利を達成した。(13日目に)対戦したときもいい緊張感で臨めた。彼は立派に勤めあげた。同じ横綱として、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング