オスの存在意義問う、メスだけで繁殖のシロアリ

読売新聞 / 2018年9月25日 20時2分

西日本の温暖な森林に生息する「ナカジマシロアリ」が、地域によっては雌だけで繁殖し集団生活することを確認したと、京都大などの研究チームが発表した。 もともと雌雄で生きてきた生物が、雄なしでも環境に適応できることを示す一例で、生物における雄の存在意義が改めて問われそうだ。論文が25日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング