松井稼頭央の引退発表、今季出場わずか23試合

読売新聞 / 2018年9月26日 10時46分

プロ野球・西武は26日、松井稼頭央外野手(42)が今季限りで現役を引退すると発表した。 松井は1994年、ドラフト3位で大阪・PL学園高から西武入団。両打ちの遊撃手として、2002年には「トリプルスリー」(打率3割、30本塁打、30盗塁)を達成するなど、走攻守そろった選手として活躍した。04年~10年には米大リーグに挑戦し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング