ドーピング検査に不在、女子選手が桃田の部屋に

読売新聞 / 2018年10月11日 9時28分

バドミントン女子の福島由紀(岐阜トリッキーパンダース)が5月の味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)での代表合宿中、ドーピングの抜き打ち検査時に自室にいなかったとして、日本協会から注意を受けていたことが10日分かった。男子の桃田賢斗(NTT東日本)の部屋にいたことから、桃田も注意を受けた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング