高橋洋一の霞が関ウォッチ ノーベル経済学賞と「国家内人工都市国家」 日本の「岩盤規制」との関係

J-CASTニュース / 2018年10月11日 17時0分

2018年のノーベル経済学賞は、ウィリアム・ノードハウス米エール大教授とポール・ローマー米ニューヨーク大教授に決まった。ノードハウス氏は「気候変動を長期的なマクロ経済分析に組み込んだ」功績、ローマー氏は「技術革新を長期的なマクロ経済分析に組み込んだ」功績が評価された。 「チャーターシティ」構想 ノードハウス氏は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング