東京都千代田区の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部で2月、本部ビルに弾丸5発を発砲するなどしたとして銃刀法違反(発射、加重所持)と器物損壊罪に問われた無職川村能教(47)と右翼活動家の桂田智司(57)の両被告の裁判員裁判で、東京地裁は12日、川村被告に懲役8年(求刑・懲役10年)、桂田被告に同7年(同)の判決を言い渡した。家令和典裁判長は「周到な計画に基づき、厳重な警備をかいくぐって弾丸を次々に発射し、危険な行為に及んだ」と述べた。

トピックスRSS

ランキング