写真

甲子園での最終戦を終え、深々と頭を下げる金本監督(手前)

阪神・金本知憲監督(50)が11日、17年ぶりの最下位に低迷した責任を取り、電撃辞任した。就任2年目を2位で終えた昨オフに新たな3年契約を結んでおり、来季の続投が既定路線だった。後任の最有力候補には矢野燿大2軍監督(49)が挙がっていることが明らかになった。形の上では「辞任」だが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング