コンゴでエボラ出血熱流行が加速、139人死亡

読売新聞 / 2018年10月16日 22時43分

【ヨハネスブルク=木村達矢】アフリカ中部・コンゴ民主共和国東部で、エボラ出血熱の流行が加速しており、同国保健省によると、今年7月以降、疑い例を含めて214人が感染、うち139人が死亡した。 世界保健機関(WHO)は17日、ジュネーブで緊急会議を開き、「国際的な公衆衛生上の緊急事態」に当たるかどうかを検討する。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング